食品衛生法対応プレコート加工

食品衛生法対応プレコート加工
食品衛生法対応緩み止め加工

食品衛生法対応プレコート加工とは?

環境に配慮し、食品衛生法に適合した合成樹脂を使用し、
材料に溶剤は一切使用していないプレコート加工を示します。
また、充填式なので再利用にも有効なプレコート処理を実現しました。

主成分:ナイロン12
溶剤 :含有せず
毒性 :なし(食品衛生法に合致)
融合 :175℃~180℃
吸湿性:0.9%~1.0%(65%RH・20℃)
使用温度範囲:-50℃~140℃

POINT 食品衛生法とは?

食品の安全性確保のため、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止することを目的とし、食品に関して必要な規制、その他の措置を規定している法律。1947年(昭和22)制定。
よって、食品を製造するための装置や器具の安全性に関する項目あり。

プレコート加工とは?

緩み止め機能
・全周塗布のため安定した締付が可能です
・再利用性が高いので、増し締めなどのメンテナンスが容易で、長期間安全性を確保できます
・振動に対しても緩み効果を発揮します
シール機能
・密着性が高く、コーティングがはがれないので、確実なシール機能を発揮します
・シール効果を期待する箇所にコーティングが可能です
・通常の使用状態において、材質の劣化はありません
相手部材の保護
・保護目的の箇所に、自在にコーティングができます
・ナイロン材質ため、相手部材を痛めません
・リセスなどの凹みにもコーティングの液だまりはできません
・装飾性を意識してコーティングすることも可能です(黒色、赤色)

食品衛生法対応プレコート加工採用事例

・食品製造装置
・精穀・製粉装置
・調理器具
・その他食品関連装置など

食品衛生法対応プレコート加工についてお気軽にお問い合わせください!