ねじの規格

歴史のところでも触れれましたが いたって複雑怪奇です。
日本でも歴史や各産業に配慮していろいろな規格があります。
整理してみると

メートルねじ メートル並目ねじ ←いちばん多い
ミニチュアねじ
メートル細目ねじ
インチねじ ユニファイ並目ねじ
ユニファイ細目ねじ


そのほかに 管用テーパーねじ(空圧機器の接続など)、台形ねじ(XYテーブル、万力などに利用) さらには 自転車用 ミシン用 電線管用 などなど。1968年JISより消えたウィットネジも建築関係で使われます。

ちなみに自動車用の六角ボルトは、規格よりもワンサイズ頭の六角が小さくメートル細目のものが多いのです。自動車向けボルトレンチサイズ 自動車向けボルト、 旧JISメートル並目、六角ボルトナットの呼び径とピッチを以下表に示します

呼び 並目ピッチ 細目ピッチ
M6  
M7  
M8 1.25 1
M10 1.5 1.25
M12 1.75 1.25
M14 2 1.5
M16 2 1.5
M18 2.5 1.5
M20 2.5 1.5
M22 2.5 1.5
M24 3 2
M27 3 2
M30 3.5 2
M33 3.5 2
M36 4 3
M39 4 3
M42 4.5  
M45 4.5  
M48 5  
M52 5  
M56 5.5  
M60 5.5  
M64 6  
M68 6  
M72   6
M76   6
M80   6
以下ナットのみ    
(M85)   6
M90   6
M95   6
M100   6
M105   6
M110   6
M115   6
M120   6
M125   6
M130   6

六角ボルト、ナット(上)3,3.5,4,5,4.5,5 は省略
 六角ボルト(並)は52まで
 小型六角ボルト、ナットの呼びは8~39の範囲
M40 P1.5などはベアリングナットなどにありますが、ボルトの規格としてはありません。

ねじの基本知識