高耐食 亜鉛アルミ合金めっき

別名:亜鉛アルミ系・Aメッキ・SGメッキ・ガルバリ55

亜鉛アルミ合金めっき

高耐食性
~過酷な環境に耐えられるめっき~

溶接亜鉛メッキ(ドブめっき)にアルミニウム等を添加することで大幅に耐食性を向上させたものです。

●【溶接亜鉛メッキ(ドブめっき)との比較】

  • 塩水噴霧試験➡約10
  • 大気暴露試験➡約2~6

 

●亜鉛アルミ合金めっきの特長

1、キズに強い

キズがあっても犠防触作用により赤サビは発生しません!!

2、合金めっき鋼板との相性抜群!接触腐食(電食)なし

屋外建材の用途によく用いられる合金めっき鋼板と同じアルミ亜鉛合金めっき系なので、母材とファスナー、金具における接触腐食(電食)を考慮する必要がありません

3、抜群の耐食性!!
  メンテナンスフリー・長寿命化に貢献

錆び、腐食が起きやすい締結部分においても、長期耐食性を実現しました。やや締付の40ミクロンの膜圧ながら溶接亜鉛めっき製品の20倍の耐食性をもちます。

4、有害物質を含まず、ROHS指令にも対応可能

水銀や鉛などの有害物質を含みません

5、硬くて熱に強い

●亜鉛アルミ合金めっき採用例

沿岸部や鉄道、高速道路、鉄塔など高い耐食性が求められる場所で採用が進んでいます。

  サイズ
ボルト M8~
ナット M8~
ワッシャー M8~

※大径品は要相談!!お気軽にお問い合わせください。